「明日も予定通り建材が現場に届く。」 そう確信できることがどれほど大切なことなのか、 私たちは知っています。 私たち「加藤ベニヤ株式会社」は、 昭和二十四年創業、現場納材専門の建材屋です。 終戦直後の東京で合板を運ぶことから始まり、 暑い日も寒い日も現場で働く大工さんたちと共に歩んできました。 時代の変化と共に建材は、数え切れないほど多種多様になり、 現場は、工程のスピードが加速し続けています。 そんな現場の安心の一つであり続けるために とことん便利なとことん便利な建材屋「ONE ORDER」を立ち上げました。 合板一枚、木材一束、下地材から建具まで。 明日も予定通り現場にお届けいたします。

私たちはこんな活動に参加しています。

f:id:oneorder2015:20170501145359j:image

【入郷棚田保全協議会とは】

茂木町入郷の石畑地区の棚田は、平成11年7月農林水産省の日本の棚田百選に認定されました。
 入郷地区では、農業従事者の高齢化や農業後継者不足により、年々耕作放棄地が増えてきていました。そうしたなか、平成12年度から中山間地域等直接支払制度に取り組んだこともあり、集落の農家が力を合わせて日本の原風景ともいえる棚田を守っていこうという動きが出てきました。

 平成12年8月には、石畑地区を耕作している7名の農家が集い、美しい棚田の再生と保全を目指し「入郷棚田保全協議会」を組織しました。そして協議会が主体となって、耕作放棄地をボランティアの力を借り解消しようとマスコミなどを通して広く呼びかけたところ、町内外また遠方では東京から約70名の保全ボランティアが集まり耕作放棄地の草刈を行いました。翌年春には、草が刈られ姿を現した水田に花菖蒲を定植し、6月になると色鮮やかな菖蒲が咲きそろい、のどかな田園風景に花を添えています。その後も、古代米の田植えや稲刈り、草刈作業、ホタル観察会などボランティアの力を借りて棚田の保全活動に取り組んでいます。

 協議会では平成14年度から、都市と農村の交流の一環として棚田オーナー制度に取り組んでいます。年会費30000円で約100㎡の水田のオーナーになり、くろ掛け、田植え、稲刈りと一連の農作業が体験できます。また収穫した米の他に地元で採れるシイタケなどの農産物をお土産に持ち帰ることもできる。豊かな自然の中で気持ちのよい汗をかき、地元
農家や自然とふれあうことができるとあって参加者からは好評を得る事ができました。2年目を迎えた今年は、オーナー数も昨年の13組から25組に増やし順調にオーナー制度を行っています。

 また、平成13年度より石畑の棚田を中心に酒米「五百万石」を栽培し、町内2軒の蔵元と連携して地域限定の地酒「棚田の雫」を製造しました。「棚田の雫」は、道の駅もてぎや酒販店で好評を得ています。

http://irigouishibatake.web.fc2.com/06-kyougikai/kyougikai.htm